そろそろいけそうな、ターニップミラノ!

 すこしづつ寒くなってきました。この寒さが、雅園芸の野菜たちをどんどん甘くしてくれます。俗に言う「寒締め」です。

 この寒締めが一番現れるのが、ターニップです。ターニップは蕪の仲間なんですが、日本の蕪と違って、果肉がしっかりしているので、煮崩れしにくく煮込み料理に四靴皮rwます。又、大変甘味とコクもあり、サラダにもいけます。

 写真は、ターニップミラノ(ミラノ蕪)ですが、今年は、ターニップビオラという色はミラノと同じですが、形が長細いものと、ターニップゴールデンボール(黄蕪)黄色のターニップで大変こくがあり、スープで煮て裏ごしをかけて食べると大変美味しいです。

mirano.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://miyabiengei.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/165

コメント(2)

寒さが甘みになるなんて。
人間と一緒ですね。

雅園芸様
初めてコメントさせていただきます。
恵那通販塾でお世話になっている川渕です。

雅園芸様のサイトは時々拝見しています。
先日は、槇がねでの物産展?の店頭で奥様とお譲ちゃんには
お会いしています。

新しい試みの野菜作り素晴らしいですね。
写真からみずみずしさが伝わってきます。

応援しています。

”イー換気ドットコム”

コメントする

このブログ記事について

このページは、イタリア野菜の雅園芸が2009年12月 3日 18:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 この虫は、なぜ死んだのか?」です。

次のブログ記事は「 雅園芸は今!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。